タイヤの歴史を知っておけばタイヤ交換時に適切なタイヤを選べるようになる

タイヤについて知る

人気のタイヤメーカーを知りましょう

タイヤにも、たくさんの種類や歴史があります。各メーカーそれぞれ違うコンセプトを出しているので、好みのメーカーを見つけてタイヤ交換時に役立てていきましょう。

世界のタイヤメーカーランキング

no.1

ブリヂストン

第一位は日本が誇るブリヂストンです。低燃費のタイヤを筆頭に、低価格帯から走りやすさを追求したタイプもあり、全体的にリーズナブルな値段で提供されています。

no.2

ミシュラン

第二位はフランスの企業のミシュランです。ミシュランがタイヤ構造開発を進めることにより、現在の標準的なタイヤの構造となるラジアルタイヤが開発されました。現在の乗りやすく統一された規格は、ミシュランによるものです。

no.3

グッドイヤー

ブリヂストンとミシュランに次いで世界三位のシェアを誇るのが、グッドイヤーです。低価格帯でありながらも、低燃費タイヤに指定されるものも取り扱っています。

no.4

コンチネンタル

第三位までのタイヤメーカーからはシェア率が離されているものの、ヨーロッパではメーカー純正の装着シェアはトップをマークしています。ヨーロッパではまだまだ一般的なタイヤとして知られているのです。

no.5

ピレリ

イタリアミラノに本社を構えるピレリは、タイヤはもちろん、フィルターも扱っているメーカーです。イタリアのサッカーチームであるインテルミラノの胸スポンサーを長年務めている事でも知られているでしょう。

タイヤの歴史

タイヤの起源

車輪がタイヤの起源になりますが、それがいつ使われ始めたのかははっきりしていません。ただ、紀元前3000年ごろに現在のイラク人とされる文明の遺跡から、車輪のついたソリのような乗り物が発見されています。これがタイヤの原型ではと考えられています。

鉄の車輪が実用的になる

ローマ時代になると木でできた車輪の外周に鉄の輪をはめた革新的な技術が発見されました。以降1900年もの間、今のゴムタイヤが発明されるまでこのタイヤが使用され続けました。

タイヤがゴムと空気を使用する時代へ

当初はゴムの輪を車輪に取り付けたものを使用していましたが、長距離を走ると熱で溶けてしまうという事が分かりました。そこで、ゴムの中に空気を含み、熱が発生しにくい構造を生み出したのです。この空気入りタイヤを初めて使用したのがミシュランです。その後は、強度や安定性を求める技術革新が図られ、今のようなタイヤの形になりました。

広告募集中