タイヤ交換に必要な値段と労力について

タイヤについて知る

タイヤ交換の手順

ジャッキアップ

タイヤを交換するために車体を持ち上げます。ジャッキアップを嚙み合わせる場所が車体の前後左右4箇所にあるので確認しましょう。切りかけのようになっていたり取っ手のような形になっていたりします。タイヤが地面から離れない程度に車体を上げて、ホイールナットを軽く緩めた後に、タイヤが地面から少し離れるくらいに車体を持ち上げます。

ホイールナットを外す

適度な高さに車体を持ち上げたらホイールナットを外していきます。既にナットを緩めているのであまり力をかける必要はありません。ナットを対角線上に緩めていきます。この時、一つずつ外すのではなくすべてのナットを少しずつ緩めていくことが理想です。ナットを外し終えたら、散乱しないように工具箱などに保管しておきましょう。

タイヤ交換

ナットを外し終えたらタイヤを交換します。重量があるので体勢を整えて外しましょう。外し終えたら新しいタイヤをはめ込みます。タイヤには向きの指定がありますので、購入時と作業の際にも注意しましょう。タイヤをはめ込み終えたら、ナットを軽く手で締め込みます。全てのナットを軽く締め込んだら、レンチでジャッキアップの体勢が崩れないように気を付けて締め込んでいきます。

ホイールナットの増し締め

全てのナットを締め終えたら、ジャッキをゆっくりと降ろします。車体を完全に降ろしたら、もう一度ナットを強く締めなおします。この時も対角線上に締めて下さい。これでタイヤ交換は完了になります。タイヤ交換には力を使う作業や怪我の危険性もあるため、タイヤピットなどでの交換をお勧めします。タイヤピットでは値段もお安く、自分でタイヤ選びも出来るのでお得です。

広告募集中